2011年1月18日火曜日

ジョブズがAppleの一線から退くとき。

こんばんは、MICHAELです!(^^)
いつもOff And Onの記事をお読み頂き、ありがとうございます!m(_ _)m

さて、今日は残念なニュースをお知らせしなければなりません。

AppleのSteve Jobs(スティーブ・ジョブズ)CEOが再び、療養休暇を取得したことが、
アップルのプレスリリースから分かりました。

ジョブズはアップルの社員に向けてメールで下記のように述べています。

Apple CEO Steve Jobs today sent the following email to all Apple employees:

Team,

At my request, the board of directors has granted me a medical leave of absence so I can focus on my health. I will continue as CEO and be involved in major strategic decisions for the company.

I have asked Tim Cook to be responsible for all of Apple’s day to day operations. I have great confidence that Tim and the rest of the executive management team will do a terrific job executing the exciting plans we have in place for 2011.

I love Apple so much and hope to be back as soon as I can. In the meantime, my family and I would deeply appreciate respect for our privacy.

Steve

和訳すると、

取締役会で私の療養休暇(医療休暇)が承認されたが、休暇中もCEOとしてAppleの主要な戦略的意思決定には関与する。不在中は、ティム・クック(COO)に業務を一任し、彼と経営陣が存分な手腕を発揮してくれると私は信じている。
私はAppleを愛しているし、もちろん出来るだけ早く復帰できることを望んでいる。
ただ、家族や私のプライバシーについては配慮してもらえると、非常にありがたい。

スティーブ

という文章になります。

ジョブズは、一昨年にも肝臓移植で療養休暇を取得していますが、やはり体調が悪いのでしょうか… 大変、心配なところですね。

さらに、ニューヨーク・タイムス紙の情報筋によると、ジョブズは<ますます痩せ衰えた>とのことです。
また、ここ数週間は週に2回しかApple本社に出社せず、いつもはカフェテリアで昼食を取っているようなのですが、最近はジョブズ氏自身のオフィスで昼食を取ることが多くなっていたようです。

情報元:

僕が想像するに、ジョブズの後継者の話も先日出てきましたが、
これはもう事実上、ジョブズが一線から退く日も近いということではないのでしょうか?

Apple Inc.は、Jobs Inc.と言えるほど、ジョブズな会社であり、
ジョブズが経営してきたからこそ、今のAppleのスタイルがあるのだと思います。

もし、ジョブズが一線から退く日が近いのであったら、
その後のAppleの行先はどうなるのでしょうか?

Appleは、ジョブズの完璧性、経営の方向性で成り立ってきた会社ですから、
ジョブズが抜けた後のAppleは今までのAppleとは違うのかもしれません。

それだけ、Apple=Jobsなのです。

だから、Appleファンがかけるジョブズへの思いは大きい。
そして、彼の存在はAppleにとって何よりも大きいものなのです。

ジョブズ氏の体調が早く回復し、無事Appleに復帰される日が来ることを
心から願っています。

0 件のコメント:

コメントを投稿