2011年6月12日日曜日

WWDCの基調講演を終え…

こんにちは、MICHAELです!(^-^)
皆様、いかがお過ごしでしょうか?

さて、日本時間の先週の火曜日・深夜2時から行われたWWDCの基調講演ですが、
事前発表通りにLionとiOS 5、iCloudが発表されました。

僕が個人的に期待していた、MacBookAirのアップデートと、iWork'11は無かった訳ですが…^^;

iWork'11に関しては、Lion発売に合わせてリリースという感じもしますね。
MBAのアップデートも近いとは思いますが…

Off And Onでは、WWDCで発表された内容について、情報は既に知っていることと思いますので、管理人のコメントを交えながら、書いていきたいと思います。iCloudに関しては、まだ後日。

◎ OS X Lion
昨年のBack To The MacでLionに関しては既に発表されていたので、アレだったんですが、価格やリリース時期に関しての発表がありましたね。
価格は、2600円でリリースは、7月中とのこと。

価格に関しては、スノレパの3300円より安いという!
リリースは、7月下旬になるのではないか?と個人的には予想しています。

興味深いのは、このLionにはMac OS XのMacの部分が書かれていないことなんですね。
ですから、公式ページにもOS X Lionと書かれています。
これは、将来的にiOSとMac OSが融合する可能性を含んでいるとも思えるのですが、どうなんでしょうね?
僕的には、MacはこれからもMacという存在であって欲しいのですが…^^;

僕は、Mission Controlやオートセーブ&再開機能に期待してます。
はっきり言って、フルスクリーン表示にはあまり惹かれないです…(^_^;)

再開機能は、色々な場面で活躍する機能だと思いますよ。真新しさはあまり感じられない地味な機能ですが。

◎ iOS 5
iOS 5は、かなり期待してます!
通知を一つにまとめた、通知センターはかなり便利だと思いますね。
ロック画面から直接、Appの通知に飛ぶことが出来るということで…

リマインダー機能は、ロケーションと連携するという点がイイですね。
Appleの紹介文によると、食料品売場に行ったら牛乳を忘れずに買いたい!と思ったら、Todoを作っておくだけで、スーパーマーケットの駐車場に車を入れた時に知らせてくれるそうです。

そして、Twitter連携。
ウワサでは、Facebookなどとも連携出来るらしいですが、iOSレベルでTwitterと連携するというのはイイですね。純正AppからTwitterに呟けるようになるのは、大きな進歩だと思います。

最も注目すべきは、PC FreeとWi-Fi Sync機能。
今までは、iOS デバイスはMacなどが母艦となり、機能していましたが、
これからはPCとの接続なしでiOSを独立して使うことが出来るとのこと。
これは、将来的にiCloudがMacの代わりに母艦となっていくということを示しているのでしょうね。

また、PCを持っていないユーザもiOS デバイスを利用することが出来るようになるということなので、よりユーザ層が広がることも予想されますね。

Wi-Fi Syncは、その名の通り。今までDockケーブルでiOS デバイスと接続していたものを無線で行ってしまおう!という仕組みです。

iOS 5の一般ユーザ向けリリースは、今秋とのこと。早く試したい新しもの好きの方は、iOS Dev Programに登録すればいち早くiOS 5を体験出来ますよ。10800円/年の料金はかかりますが…
ただ、NDA(秘密保持契約)があるので、iOS 5を使用してのレポートやレビューは出来ないんですが…(^_^;)

ということで、iCloudに関しては、また次回更新時に!ということで。

0 件のコメント:

コメントを投稿